薩摩藩独特の教育法「郷中教育」や剣法「示現流」など薩摩に関するよもやま話を掲載しています。
鹿児島中央駅近く
利便性に富んだ
お食事処と居酒屋…
 
薩摩の郷土料理と
お酒が味わえる
手軽なお店です。
ご予約はこちらから
 
木戸口
店舗案内
おすすめコース
ご案内地図
さつま郷土料理
さつまよもやま話
リンク集

新年会・忘年会・
歓迎会・送別会・
慰安会・飲み会等の
各種宴会のご予約を
承っております。
お問い合わせは
TEL(099)
258-0338

またはこちらまで。

ホームページへのご感想はこちらへどうぞ!
尋スタジオ
最近の世相を見ますと日本各地で子供による陰惨な事件が相次いでいます。
「何か日本全体がおかしい」という思いがぬぐえません。
戦前まであった鹿児島の独自の郷中(ごじゅう)教育(加治木の青雲舎などは現在も活動中)の
その素晴らしさや内容にスポットを当てる事により、何か救いになればと
このシリーズを始めようと思い立った次第です。
特に強調したいのは郷中では何を教えていたかと言う事です。
例えば綱引行事を例に取りますと十五才を頭に下は六才の子供まで寄付集めから始まって
材料の買付け、終了後の綱の販売、それで得た金銭でノート・鉛筆を買い年齢毎に分配する、
十五才のリーダーが次の年の為に十四才に引き継ぎ終了する。
十六才になると各郷、方限(ほうぎり)ごとの郷中教育の舎に加わる。
この舎は二十一才を頭に運営されここで勉学、武道、道徳、倫理を教えこまれる。
この一連の流れで愛、慈しみの心が自然に育って行く。
そして、先輩が後輩を慈しみ、後輩が先輩を敬愛する心が芽生える。
こういった薩摩の誇れる教育を振り返る事により、日本中の子供たちが
人間本来の姿に戻ってくれる事を心より願って止みません。
郷中教育(ごじゅうきょういく)について
 郷中教育は、島津義弘公の頃に確立された400年の歴史を持つ薩摩藩独特の青少年教育のことです。薩摩藩では、地域の小単位を郷(方限〈ほうぎり〉)と称して、方限ごとにそこに住む上は21歳から下は15歳までの青少年達が自発的に学習団体を編成し、学舎で学んでいました。心身を鍛え、廉恥を重んじ、礼節を大事にする知・得・体の調和のとれた人格形成を基盤におくこの教育は、西郷隆盛や大久保利通、東郷平八郎など多くの人材を育ててきました。
ここでの逸話はご年配の方々のお話や古文書・文献を参考に独自の解釈を加えてご紹介しています。
毎月更新しますのでお楽しみに!
郷中教育24 日新公「いろは歌」―その13(ひ〜す)
「ひ」…ひとり身 あわれと思え 物ごとに 民にはゆるす 心あるべし
頼る者がいない老人、孤児、寡婦に対して情けをかけて一層いたわれ。人民に対しては仁慈の心で寛大に接しなさい。

「も」…もろもろの 国や所の 政道は 人にまずよく 教えならはせ
・治める国や村の掟は、まず人民に良く教え、さとした上で政治を行え。教えないで法を犯したものを罰するのは不仁の仕方である。よくよく知らせて刑に落ちないように気をつけよ。

「せ」…善にうつり 過まれるをば 改めよ 義不義は生まれ つかぬものなり
・善にうつり、過ちは改めよ。元来、義不義は生まれつきのものではない。心のありようで義にも不義にもなる。悪いと気づいたらすぐに改めよ。

「す」…少しを 足れりとも知れ 満ちぬれば 月もほどなく 十六夜の空
・何事も10の内7か8をもってよしとせよ。満月の次の夜の十六夜の月は欠け始める。足るを知って楽しむ心が大事である。知足安分の教訓を持って47首の締めくくりとし『お』思ほえず違(たが)うものなり。
語句説明
(注釈)
●仁慈…思いやりがあって情け深いこと  ●義…儒教における五常の一。人として守るべき正しい道。道義  ●不義…人として守るべき道にはずれること。また、その行い  ●十六夜(いざよい)…十五夜の次の日の夜
▲ページトップへ▲

木戸口店舗案内おすすめコースご案内地図さつま郷土料理さつまよもやま話リンク集お問い合わせ

有限会社 お食事処 児玉

〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町21-6 TEL(099)258-0338

Copyright(C) 2010 Kodama All rights reserved.